ロレックスコピー時計の象徴的モデルの一つである「サブマリーナデイト」。

ロレックスコピー時計の象徴的モデルの一つである「サブマリーナデイト」。このモデルはロレックスコピー時計が誇るダイバーズウォッチの代表作として君臨していますが、もともとは「日付表示のない」サブマリーナから派生して登場した後発モデルです。

私たちが「ダイバーズウォッチ」と聞いて思い浮かべる「回転ベゼル付き」ダイバーズウォッチは、ブランパンのフィフティファゾムスとサブマリーナが元祖と言われています。

サブマリーナは、1953年に誕生した当初、プロフェッショナルユースを想定していたためか、日付表示が付けられていませんでした。しかしサブマリーナが大衆に受け入れられ、デイリーユースにも使われるようになったことで、デイト表示付きのサブマリーナがラインナップに加わったのでしょう。「デイトジャスト」を発明したロレックスですから、サブマリーナに日付を搭載するのは自然な流れと言えます。

こうして誕生したサブマリーナデイトですが、日付を3時位置に配し、日付を拡大して見られるように、凸レンズである「サイクロップレンズコピー時計」が風防の日付部分に採用されました。このレンズは日付を約2.5倍に拡大します。 ※シードゥエラーにはサイクロップレンズコピー時計がなく、この「サイクロップレンズの有無」がサブマリーナデイトとシードゥエラーのデザイン的な違いになっています。

发表评论

电子邮件地址不会被公开。 必填项已用*标注