オメガ(OMEGA) オリンピック リオデジャネイロ大会 オメガ公式計時ハイライト

OMEGA | オメガ オリンピック リオデジャネイロ大会 オメガ公式計時ハイライト  この2週間強、オリンピック リオデジャネイロ大会で行われた競技、そして生まれた記録の数々に世界は魅了されました。これまでの大会と同様、記憶に残るシーンがいくつも生まれました。継続してオリンピックの公式計時を務めているオメガにとっては、今回のリオデジャネイロ大会も、世界記録や、接戦を計り続けた大会でした。記録の更新 合計28の世界記録が今回のオリンピック リオデジャネイロ大会で更新されました。競技の内訳は、アーチェリー(1)、陸上競技(4)、自転車トラック(7)、競泳(8)そしてウエイトリフティング(8)です。 また、合計65のオリンピック記録が今大会で更新されました。競技の内訳は、陸上競技(6)、カヌースプリント(2)、自転車トラック(10)、近代五種(7)、ボート(1)、射撃(20)、競泳(14)そしてウエイトリフティング(5)です。ハイライトシーン<3人同着 競泳>競泳男子100mバタフライ決勝で、オリンピックの歴史上初めて、オメガは3人同着の記録を計時しました。マイケル・フェルプス、チャド・レクロー、そしてラースロー・シェーの3人が51.14秒の同タイムでゴールし、表彰台の銀メダルの位置に一緒に並びました。このレースに勝利したのは、シンガポールのジョセフ・スクーリングでした。銀メダルの3選手は、ゴール時、プールサイドの側面に設置してあるオメガの“タッチパッド”に全く同時に触れたことで、この前代未聞の出来事が起こったのです。競技の後しばらくして、その時の事をチャド・レクローはオメガに「本当に信じられませんでした。記録が表示されたその瞬間、その事の重大さに気付いていませんでした。でも、メダル授与式は競泳の歴史に残るものになったと思います。フェルプスもシェーもまるで世界記録でも更新したかのように喜んでいましたよ。とてもクールな瞬間でしたね」と語りました。<ダイビングゴール 陸上>時として、勝つ為にはゴールラインに身を投げ出さなければなりません。それを文字通り行ったのが、陸上女子400m決勝で勝利したバハマ代表のシャウナ・ミラーです。ゴール前、強豪アリソン・フェリックスにリードを許した状況で、ミラーはゴールラインに本能的にダイブをしたのです。オメガの写真判定カメラ「スキャン・オー・ビジョン・ミリア」によって、ミラーの胴が、最初にゴールラインを通過している事が証明されたのです。彼女のタイムは49.44秒で、2位との差はわずか0.07秒でした。オリンピックに出場しているアスリート達にとっては、ミリ・メートルの差といえども、時としてそれが、記録達成に繋がることも、敗北の原因になることもありえます。<写真判定 ボート>オメガが担う計時による写真判定の重要性が見事に証明された出来事がボートの男子シングルスカル決勝で起こりました。ニュージーランド代表のマヘ・ドライスデールと、クロアチア代表のダミル・マルティンのタイムは両者とも、6:41:34でした。ドライスデール、マルティンの当事者達を含め、会場の観客全てが、写真判定の結果発表に固唾を呑みました。そして、ゴール時の写真が公開され、驚く程の僅差ですが、ドライスデールの勝利が証明されたのです。<4/1000秒差 自転車>指の爪先の長さは、1000秒分の1の時間に匹敵するというのはよく言われることです。その言葉通りの結果になったのが、自転車トラック競技の女子スプリント決勝です。ドイツ代表のクリスティーナ・フォーゲルが、英国代表のレベッカ・ジェームズを4/1000秒の僅差で下したのです。このレースの1位と2位の結果を分けたのは、またしてもオメガの写真判定カメラでした。フォーゲルは最後、サドルを失いながらも、2位のジェームズに0.004秒差をつけて11.312秒でゴールしました。<ジャマイカ 陸上>世間の注目度が最も高い競技は当然のように、私たちを楽しませてくれました。陸上100m決勝です。男子決勝では、笑みを浮かべるウサイン・ボルトが、9.81秒で勝利し、女子決勝では、ボルトと同じジャマイカ代表であるエレイン・トンプソンが10.71秒で勝利しました。また、ウサイン・ボルトは、陸上男子200m決勝でもタイム19.78秒で勝利し、観客を歓喜させました。

发表评论

电子邮件地址不会被公开。 必填项已用*标注