オメガ(OMEGA) “不可能を可能に” オメガ 15,000ガウス以上の超高耐磁性ムーブメント 東京本社にて発表

OMEGA | オメガ “不可能を可能に” オメガ 15,000ガウス以上の超高耐磁性ムーブメント 東京本社にて発表   磁気は機械式時計の精度に大きな影響を与えます。これは時計メーカーにとって長年の悩みの種でした。オメガはこの問題を解決する画期的なムーブメントを開発し、これを搭載した新モデル「オメガ シーマスター アクアテラ15,000ガウス」を発表しました。2013年6月27日、東京のニコラス・G・ハイエックセンターでこの発表記者会見が開催されました。  スウォッチ グループ ジャパン株式会社 代表取締役社長兼オメガ事業本部長 クリストフ・サビオ氏、OMEGAスイス本社 プロダクト開発担当副社長 ジャン=クロード・モナション氏、ETA社 摩擦学・素材学エンジニア マシュー・ウルヴェ氏がプレゼンターとして出席しました。  はじめにサビオ氏は、オメガの画期的な技術革新についていくつかの例を挙げました。1932年の世界初のダイバーウォッチ、オメガマリーンの開発、1965年のスピードマスターのNASAの公式時計選出/月面着陸から、1999年のコーアクシャル脱進機の発表など、パイオニア精神は昔からオメガブランドのDNAの一部であると強調しました。  OMEGAスイス本社 プロダクト開発担当副社長 ジャン=クロード・モナション氏は、プロダクト開発の視点から、オメガの長年の重要な技術革新例として、リキッドメタルR、セラゴールド、そしてコーアクシャル脱進機を挙げて、それぞれの技術を振り返りました。彼は同時に、オメガのプロダクト開発理念である、美しさ、信頼性、継続性、革新性がブランドの強みになっていることを述べました。  その後、今回の記者会見のメインテーマである超高耐磁性ムーブメントについて、オメガがスウォッチグループの関連会社からエンジニア、科学者、治金技術者を集め、この高耐磁性ムーブメント技術を確立するに至った経緯を述べました。スウォッチグループCEOであるハイエックから時計のプロダクト開発における新しいアイデアを問われた時、それは間違いなく高耐磁技術であると答えたこと明かし、それが今回の技術革新の始まりであったと述べました。また、現状で考えるよりもはるかに高い技術革新を求められたことも語りました。  ETA社の摩擦学・素材学の技術者であるウルヴェ氏は、我々の日常生活において磁気がどのような影響を持っているかをスライドとムービーを使って説明し、磁気の影響は日常生活に溢れていることから、機械式時計が正確に時を刻む為に耐磁技術は欠かせないと強調しました。  3名のプレゼンテーションの後、参加者が実際にこの超高耐磁技術を実際に体験できるよう、デモンストレーションが行われました。普通に身の回りにある磁石、ハンドバッグのバックル部分の磁石などに、従来の機械式時計をあてがうと、時計の針が実際に止まる事が参加者の目の前で示され、同じ状況下で、オメガ シーマスター アクアテラ15,000が試されると、何事も無かったように正確に動き続ける事が実証されました。今回の記者会見には、テレビ、新聞、雑誌などのメディアから多数の出席があり、デモンストレーションセッションでは、目新しい実験を興味津々で記録される姿が見られました。

オメガ(OMEGA) “羽”をイメージしたエレガントで繊細なデザイン オメガ コンステレーション“プリュム”

OMEGA | オメガ “羽”をイメージしたエレガントで繊細なデザイン オメガ コンステレーション“プリュム”  オメガのコンステレーションは、エレガントでありながら控えめなデザインが特徴のコレクションとして世界中の女性たちから長く愛されてきました。今回の新作「コンステレーション プリュム」の、“PLUMA”は、ラテン語で“羽”を意味し、文字盤を引き立てるその繊細なデザインを見事に表現しています。コンステレーション プリュムは今の世の中を軽やかに、しなやかに生きる女性をイメージしてうまれました。洗練されたスタイルに、先端技術を駆使した機械式ムーブメントを搭載し、コンステレーション コレクションがさらに充実しました。(機械式は径27モデルのみ)   コンステレーション プリュムにはグリフと呼ばれるベゼルにかかる4つの爪など、デザイン的特徴がありますが、とりわけ目を引くのは、ホワイトとブルー、シャンパン、ゴールドの4色のマザーオブパールの文字盤です。ブルーの文字盤は真珠の底面を黒に着色コーティングする事で、この微妙な美しい色彩を表現しています。ベゼル上の象徴的なグリフのデザインから想起された柔らかい曲線の印象的な模様は、文字盤にも表現されており、羽の優しい形状を彷彿させます。この魅力的な文字盤を更に引き立てる特徴として、18Kゴールド、もしくはロジウムプレートの台座に、11個もしくは12個のダイヤモンド インデックスをセットしています。 人を魅了するデザイン  18Kゴールド素材にスーパールミノヴァでコーティングされた秒針、分針、時針をもって、コンステレーション プリュムの豪華な文字盤は完成します。また、自動巻きモデルは3時の位置に日付窓があるのも特徴の1つです。  ベゼルにダイヤがセッティングされているモデルは、18Kレッドゴールドのベゼル上に輝くラグジュアリーなダイヤモンドがマザーオブパールの文字盤を更に引き立てます。このベゼルはステンレススティールケースに埋め込まれており、ステンレススティールのブレスのつなぎにも18Kゴールドが使用されています。 オメガ コンステレーション“プリュム”Ref. 123.15.27.20.57.001(写真左上 / SSケース&ブレス)価格:90万3000円(税込)Ref. 123.25.27.20.55.005(写真右 / SS&18KRGケース&ブレス価格:106万500円(税込)※2014年3月時点での税込価格です共通仕様ケース径:27ケース厚:12.25mm 防水性:100m ストラップ: SS/ SSと18KYGのコンビネーションブレスレット/ SSと18KRGのコンビネーションブレスレット ムーブメント:自動巻き、Cal.8520、コーアクシャルムーブメント、50時間パワーリザーブ仕様:ブラッシュ仕上げのケースに、ポリッシュ仕上げのグリフ(かぎ爪) 、ベゼルダイヤモデルはポリッシュ仕上げのベゼル 、ダイヤモンド(0.5ct(ベゼル)/ 0.06ct(インデックス) )、3時位置に日付表示 、ウェーブ模様が装飾されたマザーオブパールダイヤル、インデックスにダイヤモンドをセット、ドーム型強化無反射 サファイアガラス、ポリッシュ仕上げの18KアプライドΩロゴとスター、4年間の国際保証

ルイ・ヴィトン時計コピーは全く新しいTambourHorizon知能腕時計を出します

ルイ・ヴィトン時計コピーは全く新しいTambourHorizon知能腕時計を出します

ルイ・ヴィトン時計コピー出すこ知能名は表して、政府正式名称はTambourHorizon知能腕時計で、Horizonは“地平線”意味で、もちろんすぐそれとLVブランド魂元素“旅行”間緊密な連絡を掲示して、以上ように言って、それは完璧に私に知能に対して美しくて使いやすい需要を表すように満足させて、だからこ草は着実に植えたにと言えます。

原本外形太鼓と同じにTambourシリーズ、今年15周年最新型TambourMoon中ですでに外側を中に少し受け取って、多少内でへこんでいる形になって、殻を表すがもっと少し非常に細く見えるを譲るため、実はただほん少しを変えて、しかしTambourHorizon中でとても重要なことに見えて、そ上原本42ミリメートル直径は少し1時(点)表す殻形を変えて、モデルを表し一定厚さがあって、しかし慣れるが視覚効果後でとてもてきぱきしていて、そして少しでもない重々しい感。私はこサイズがと殻設計を表して必ず通って何度も調整してテストするを信じて、比較的非常に不思議ながため、現場がつける男女計略を試みるがそれぞれ異なっていて、しかしなんとすべてとても大きい病気になる感がなくて、これがひとつが絶対に大部分が人外形寸法に適合するにわかります。殻を表してと精密な鋼3種類選択を売り払う針金をつくる精密な鋼、黒色上塗りがあって、私は最も黒色上塗りが好きです。

腕時計“オーダー制時計文字盤設計”機能によって、時計文字盤上模様は中央色グロックとすべて自分大好きなことによって選ぶことができます

そ他に顔値に分ける一つを増加したが時計文字盤設計です。鏡を表して依然としてスイス労働者坊製造するサファイア水晶材質に続いて、外側コースを表すは鏡内で最も24が小さく常に表示するで、それから多い知能機能中に“オーダー制時計文字盤設計”一つ設置があって、全くあなた好きな模様、色によって選んで図案を組み合わせに来て、たとえば、LVクラシックMonogram模様が直接時計文字盤上で見せびらかすことができるが好きで、少し地味なはすかし模様を選ぶことができたくて、こように新しい時計文字盤設計だとが見てすべて1モデル新しい腕時計、私は私がこように移り気なようなまたとてもけちをつける人にとってまったく福音だと感じます。

CORUMコルムは全新海軍の上将のシリーズの腕時計を出します

CORUMコルムスーパーコピー新しく出す海軍上将シリーズ腕時計、そ中最も注目したはきっとAdmiralAC―ONE45全く新しいチーク材時計文字盤シリーズで、時間単位計算、自動透かし彫り型番を含んでおよび、航海歴史背景が凝集して、また強烈な現代的センスに煥発します;CORUM研究開発する表す殻設計からアイデアを高く備えて、設計と技術はきわめて素晴らしくて、剛健で豪胆な個性はありありと抜きんでて、優雅な風格、きんでている性能は全身で集まって、完璧にブランド航海DNAが現れます。

CORUMコルム海軍上将シリーズは1960年に世間に現れて、腕時計シンボル的な12辺形時計文字盤は1983年に初めて世間に現れて、そして航海彩色旗によく合う時表示して、なってそ時大作に注目しました。2015年に至って、ブランドはまた新型を捧げて、こシリーズために自分研究開発したチーク材時計文字盤を出して、如実に原状に復して帆船ウッドデッキ、こように常識を打ち破る材質で航海歴史に向って敬意を表します。2017年にあって、AC―ONE45シリーズはチーク材でまた異なる時計モデルを造り出して、すべてそれぞれ特色を持って、シリーズ伝統特質あまりを貫徹して、自分強烈な個性がもあります。

数年来AC―Oneシリーズ設計は改良を経て、そ航海特色設計元素は始終変わりません。45ミリメートルは殻特大なサイズを表してそれによって海軍上将シリーズ歴史上一里塚になります。シンボル的な12辺形を保留して殻とカラー航海する旗目盛りを表すを除いて、AC―ONE45表す殻構造が段落がはっきりしていて、線アウトライン重さが十分で、そしてサファイア水晶底からサイドオープンを見てと陀を並べて独特で労働者をつくりをかぶせることができます。設計上で、およそ占めて全部辺鄙な特にフレアー陀直径を表して、持ってきた視覚画面は横暴なあまりまた富む現代設計趣を明らかに示しています。

海軍上将AdmiralAC―ONE 45チーク材時計文字盤時間単位計算はバーゼルを表して2017年になって展新作を表しを積み重ねて、初めては青銅で製表殻をつくって、特別処理を経る手法、青銅にに酸化するため変色する特質が早めに形成させて、また上塗りでひっくり返って、させた後変色する過程は遅くして、名に長い間がたつ常新を表させます。腕時計は45ミリメートル12辺形によく合って殻を表して、CO116自動チップを搭載して、用意して時間、分、秒針、期日表示と時間単位計算機能があって、チーク材時計文字盤は腕時計航海元素を強化して、カラー航海する旗時間単位計算目盛りを付けてあって、AC―ONE45シリーズ最新代表的作品になります。

青銅が殻を表すを除いて、AdmiralAC―ONE45チーク材時計文字盤時間単位計算が時計が更に用意するを積み重ねて選択を供えるステンレスデザインがあります。チーク材時計文字盤はCORUMコルム経済部長時間研究開発する結晶で、独特な美感は人を驚かせて、常識を打ち破る物が推測して、技術性能と航海歴史背景賢い神が体に合って、時計文字盤内側レースは扮して航海する旗標記して、海軍上将シリーズ一目で分かる風格に続きます。精密な鋼が殻を表して保護している期日表示するCO116チップがあって、用意して時間、分、秒針、期日表示と時間単位計算機能があります。

AC―ONE45チーク材時計文字盤型番自動デザイン、設計するは簡潔にきちんとしていて、異なる場所につけるように適合します。45ミリメートル5級チタン金属は殻を表して、CO082自動チップを搭載して、時間、分、秒針と期日表示機能があって、チーク材時計文字盤はカラーで航海して旗際立たせて、褐色小さい牛革腕時計バンドをつけて、豪快な中に失わないが優雅で、独特風格があります。

Admiral AC―ONE45透かし彫り腕時計はと2017年バーゼルために展新作を表して、最も際立っている輝点はそ透明なサイドオープン時計文字盤で、精密なチップをおよび、心をこめて磨き上げる伝動する輪列全部運営を通じて(通って)現れて余すところなくさせる。透明な設計期日皿は刻んで期日数字を印刷して、5級チタン金属によく合って殻を表して、満たして現代思います。こCLAS(2,3)最新サイドオープン腕時計は更にそ内レース設計としてチーク材を採用して、シリーズ内でとそ他はモデルを表してお互いに呼応します。