オメガ(OMEGA) コーアクシャルの新3Dムービーを発表 「コーアクシャルワールドへ、ようこそ」

OMEGA | オメガ コーアクシャルの新3Dムービーを発表 「コーアクシャルワールドへ、ようこそ」   2013年4月2日、オメガは独自の革新的ムーブメントである“コーアクシャル”の優秀性、正確性、耐衝撃性などを、各メディアなどを通して紹介していくキャンペーンをスタートしました。  今回のキャンペーンでは、ドラマティックな3Dアニメーションショートフィルムを発表しました。ブランドの革新的なコーアクシャル作動時計のムーブメントと、オメガの世界を創り上げる要素がクリエイティブに映し出される、夢のような映像のフィルムです。  この70秒のフィルムは、感情的に、美的に、そして説得力をもってオメガのコーアクシャル・キャリバーの並外れたクオリティを実にうまく伝えるものです。ムーブメントの心臓部をなすエスケープメントは、正確な時計の動きを調節するメカニズムです。これがまさしく、時計の音を“カチカチ”とさせているものです。オメガ独自のコーアクシャル・エスケープメントは、約250年ぶりに開発された、最初の実用的な時計エスケープメントでした。より少ない摩擦、より優れた機械の効率、より安定した正確性、改良された耐衝撃性といった利点は、時計業界に革新を起こしました。  コーアクシャル・ムーブメントの発展の背後には非常に多くのテクノロジーが存在していますが、キャリバーの完璧性は言葉よりもイメージによってより容易に伝えることができるとオメガは考えました。フィルムのナレーションの言葉では「そこには想像をはるかに超えた世界がある」と表現されているムーブメントの優秀性をよりよく伝えるために、3Dアニメーションの採用を決定しました。  フィルムの次々と変わりゆくシーンでは、歯車、そしてメカニカル時計ムーブメントの内部に秘められた他の要素と、エレガントに相互作用しながら、完成度の高さを表現しています。2つの要素、自然、そして人が造った(非自然の)要素は、完璧に調和し、相互作用しながら、ぜんまい仕掛けによって調節されているのです。  これらの映像は、オメガファンに馴染みあるテーマをうまく映し出しています。見る人たちは、めくるめく旅に導かれていきます。うねる海、話題のスポーツイベント、月面上の宇宙飛行士、そしてアクションフィルムが、次々と現れる夢の様な連鎖で登場しています。  印象的なSmilingというテーマソングは、Harry Gregson-Williams(ハリー・グレッグソン・ウィリアムズ)が作曲し、彼とシアトル・セッション・オーケストラがレコーディングを担当しました。元々は映画「Man on Fire」のサウンドトラック内にある曲です。  フィルムが伝えるメッセージは明らかです。他のどの機械式時計のムーブメントとは比較ができないほど、オメガのコーアクシャル・キャリバーは完璧である、ということです。*コーアクシャルについての詳細はこちらからhttp://www.omegawatches.jp/jp#section-2