オメガ(OMEGA) BASEL WORLD2017 新作 「1957 トリロジー リミテッド エディション」

OMEGA | オメガ BASEL WORLD2017 新作 「1957 トリロジー リミテッド エディション」  後に歴史的な年となる1957年に、オメガは完璧なクラシックタイムピースとしてその名を轟かせるプロ仕様の3つのモデル、シーマスター 300、レイルマスター、スピードマスターを発表しました。誕生60周年となる2017年、この3つのマスターピースをたたえ、それぞれの60年周年記念モデルが発表されます。各モデルは個別に発売するほか、3モデルが特別ボックスに入ったセットも登場します。 今回デジタルスキャニング技術をはじめて使い、オリジナルタイムピースの精巧な設計図を入手。オリジナルモデルの図面をはじめ、貴重な断面図や寸法を、新しいモデルの設計用テンプレートとして利用しています。21世紀の現在にも対応できるよう、わずかな修正は施したものの、1957年当時のスピリットは変わらず宿っています。 3つのモデルはブラッシュ&ポリッシュ仕上げが施されたステンレススティール製ケースで、ブラックトロピカルダイアルと称される、経年変化したような風合いのダイアルが特徴です。ステンレススティール製ブレスレットは強度が増し、クラスプにはヴィンテージ調のオメガのロゴをあしらい、このロゴはそれぞれのモデルで異なるスタイルとなっています。これは、1950年代当時はまだサプライヤーがロゴに対して思い思いの解釈をしていたことを、遊び心をもって表現したからです。 各モデルとも3,557本世界限定です。付属する特別ボックスは、蓋にシーホース、ヴィンテージなロゴ、赤いコーデュロイ素材の中敷きなど、1957年当時のパッケージにインスパイアされたデザインです。さらに、レザーとNATO仕様の替えのストラップ2本とストラップ交換ツールも同梱されています。シーマスター 300 マスター クロノメーター 60周年リミテッド エディション シーマスター 300は発売当初から非常に人気が高いモデルでした。それは防水性に極めて優れていたからだけではなく、ブラックダイアルやブロードアローの時針、両方向回転ダイビングベゼル、凹みのある三角形のインデックスにも注目が集まったからです。ダイバーや海洋探検家のために設計されたシーマスター 300は、その画期的な機能とスタイルで人気を博しました。CK2913をもとにしたシーマスター 300 マスター クロノメーター 60周年リミテッド エディションは、ブラックのアルミ製ベゼルが特徴で、オリジナルモデルのリュウズにも描かれていたナイアードの印が刻まれています。この印は1957年当時、類まれな防水性能を示すマークでした。ケースバックのシーホースエンブレムは1957年モデルと全く同じです。マスター クロノメーター キャリバー8806を搭載し、15,000ガウスの耐磁性能、および4年の国際保証を備えています。レイルマスター マスター クロノメーター 60周年リミテッド エディション デザインに限っていえば、オリジナルモデルのレイルマスターは控えめでした。シンプルで実用的でありながら、少しばかりのエレガントさも併せもったこのモデルは、仕事で着用することを想定して作られたものです。二重ケースの耐磁性腕時計は、科学者、技術者、磁場の近くで働く人たちのために設計されました。オリジナルモデルの控えめなスタイルは、レイルマスター マスター クロノメーター 60周年リミテッド エディションにも引き継がれています。ただし、より多くのスーパールミノヴァ®を充填して強い光を放てるようにするために、インデックスはヴィンテージ版よりもわずかに深さがあります。マスタークロノメーター キャリバー8806を搭載し、15,000ガウスの耐磁性能、および4年の国際保証を備えています。スピードマスター 60周年リミテッド エディション 針の形から “ブロードアロー” と呼ばれていたスピードマスターのオリジナル版は、スピードマスターの第1号であるだけでなく、ベゼルにタキメータースケールをつけた世界初のクロノグラフ腕時計でもありました。タキメーターをダイアルに置かなかったのは、レーシングドライバーが視認しやすいデザインにするためだったのです。今回の新しいモデルでは、1957年のオリジナルタキメータースケールに合うように書体を描き直しました。腕時計の心臓部にはキャリバー1861を搭載しています。真のコレクターアイテム、トリロジー特別ボックスセット 3モデルのうち、1つだけを手にしたのでは決して満足できない熱烈なファンのために、3モデルを一緒に収納できるトリロジー特別ボックスセットがご用意されています。 外箱はスイス産のオーク材で、蓋には1957年当時のシーホースが、さらにフロントプレートには “Trilogy 60th Anniversary, XXX/557” の文字が彫られています。 蓋を開けると、1957年モデルからインスパイアされた小さな箱があり、その中に3つのタイムピースを収納できます。どのモデルも、オリジナルのスタイルとテクノロジーが忠実に再現されていますが、表示には工夫が凝らされています。ダイアルにはそれぞれ “TRILOGY” の文字と限定番号、そして各ケースバックには “LIMITED TO 557 TIMEPIECES” の文字が刻印されています。 セットにはレザー製ロールケースと、3つのモデルそれぞれにレザーとNATO仕様の替えのストラップ、木製バネ棒交換ツール、さらに予備のバネ棒が収められています。 希少なものこそ真のコレクターにとって価値のあるアイテムです。トリロジー特別ボックスは557個世界限定です。1957 トリロジー リミテッド エディション (写真右上から順に)シーマスター 300 マスター クロノメーター 60周年リミテッド エディションRef.:234.10.39.20.01.001ケース径:39.0mmケース厚:14.1mmケース素材:SS防水性:300mストラップ:SSのブレスレットムーブメント:自動巻き、Cal.8806、55時間パワーリザーブ仕様:コーアクシャル マスター クロノメーター、15,000ガウス以上の超耐磁性能限定:世界限定3,557本価格:730,000円(税抜)発売予定:2017年6月レイルマスター マスター クロノメーター 60周年リミテッド エディションRef.:220.10.38.20.01.002ケース径:38.0mmケース厚:12.7mmケース素材:SS防水性:60mストラップ:SSのブレスレットムーブメント:自動巻き、Cal.8806、55時間パワーリザーブ仕様:コーアクシャル マスター クロノメーター、15,000ガウス以上の超耐磁性能限定:世界限定3,557本価格:750,000円(税抜)発売予定:2017年6月スピードマスター 60周年リミテッド エディションRef.:311.10.39.30.01.001ケース径:38.60mmケース厚:13.69mmケース素材:SS防水性:60mストラップ:SSのブレスレットムーブメント:手巻き、Cal.1861、45時間パワーリザーブ限定:世界限定3,557本価格:770,000円(税抜)発売予定:2017年6月※トリロジー特別ボックスセットは世界限定557個

オメガ(OMEGA) 「オメガハウス」に北島康介氏が登場

OMEGA | オメガ 「オメガハウス」に北島康介氏が登場  連日、スポーツアンバサダーやパフォーマーを招いてイベントを開催しているリオのオメガハウスには、ブラジル人セレブリティの他、世界各国の選手やオリンピック関係者も来館しています。 そして日本からは、北島康介さんが訪問されました。リオには大会の最初から最後まで滞在、水泳はもちろんのこと、その他にもたくさんの競技を観戦されているとのことです。

オメガ(OMEGA) 「オメガ ドバイ デザート クラシック」のタイトルスポンサーシップの継続を決定

OMEGA | オメガ 「オメガ ドバイ デザート クラシック」のタイトルスポンサーシップの継続を決定  一流のゴルフトーナメントとして25年の歴史を持ち、その名を世界に知られている「オメガ ドバイ デザート クラシック」。2010年からタイトルスポンサーとして関わってきたオメガが、その契約を更新し、今後もサポートし続ける事を公式に発表しました。 スイス・オメガ社 社長 兼 CEOのレイナルド・アッシェリマンは、ゴルフを “オメガが最も情熱を傾ける対象の1つ” とし、今回の契約更新について次のように述べています。「我々のブランドのアイデンティティを語る上で、ゴルフは重要な存在です。ゴルフには正確さとスタイルが求められますが、それらは時計ブランドとしてオメガが注力していることと完全に一致します。これからも「オメガ ドバイ デザート クラシック」へのサポートを継続できることを誇りに思います」 スペイン人の人気ゴルファー、セルヒオ・ガルシア選手は「オメガの仲間達と一緒にこの場所にいる事をとても嬉しく思います。国際競技としてのゴルフの発展におけるオメガの貢献度は計り知れません。このコースは挑戦しがいがあってとても好きです。そしてもちろん、オメガがスポンサーということで安心してプレーができますしね」と語りました。 また、2009年、2015年の「オメガ ドバイ デザート クラシック」において、2回の優勝経験を持つローリー・マキロイ選手は、本大会を “シーズン中の正真正銘のハイライト” と呼んでいます。そして本大会に留まらず、ゴルフ競技全般に対するオメガの継続的なサポートに「オメガの人達は私と同じくらいゴルフに情熱を傾けていると思う事があります。オメガが本大会のサポートの継続を決定した事を心から嬉しく思っていますが、それは何ら驚くべきことではありません。なぜなら、オメガがゴルフ競技の発展の為に尽力している事をよく理解していますから。その貢献は本大会だけでなく世界レベルです」と述べました。 シーズン中の重要な大会である本大会への継続的なサポートの一方で、オメガは時計ブランドとしても本大会開催地との結びつきを強めてきました。 “ゴルフ・イン・ドバイ” の副会長 兼 CEO のモハメド・ジュマ・ブアマイム氏は、中東、特に活気あふれるビジネスの中心地であるドバイにおけるオメガの重要な役割について、次のように述べました。「ドバイは世界中から人々が訪れる都市です。彼らはユニークでラグジュアリーな体験を求めてやってきます。そしてオメガはそれにぴったりとあてはまるのです。オメガが本大会のスポンサー契約継続を決定したという事実は、この地域との深い関わりの証拠でもあります」「オメガ ドバイ デザート クラシック」は、1989年の開始当初から、ヨーロピアン ツアーの大会です。オメガがタイトルスポンサーになって今回で8年目にあたり、優勝者のほか、7番ホールでホールインワンを達成したゴルファーにも時計を提供しています。 スイスの時計ブランドであるオメガのゴルフ競技への情熱は、本大会だけでなく、世界中の大会に及んでいます。オメガは、アメリカPGA ツアーのパートナーでもあり、同ツアーの主な大会である全米プロゴルフ選手権と、アメリカで開催されるライダーカップの公式タイムキーパーを務めています。またスイスのゴルフリゾート、クラン=モンタナで毎年開催される「オメガ ドバイ レディス マスターズ」、そして「オメガ ヨーロピアン マスターズ」のタイトルスポンサーでもあります。

オメガ(OMEGA) ゲストにジョージ・クルーニー、 バズ・オルドリンを迎え スピードマスター誕生60周年を祝福

OMEGA | オメガ ゲストにジョージ・クルーニー、 バズ・オルドリンを迎え スピードマスター誕生60周年を祝福  オメガがロンドンのテート・モダンで、ゲストにジョージ・クルーニーとバズ・オルドリンを迎え、スピードマスター誕生60周年を祝福しました。宇宙探査の歴史における、スピードマスターの唯一無二の貢献に敬意を表し、この夕べは “ロスト・イン・スペース” と名付けられました。 日本からは俳優の三浦翔平さんがスピードマスター グレーサイド オブ ザ ムーン “メテオライト” を着用してイベントに出席し、世界のVIPと共にレッドカーペットを華やかに彩りました。 スイス・オメガ社 社長 兼 CEOのレイナルド・アッシェリマンは、オメガの時計コレクションの中でもっとも有名なクロノグラフについて述べ、ゲストに挨拶をしました。「スピードマスターはオメガだけでなく、これまでこの時計をつけ、信頼を寄せてきた数多くの男性、女性にとっても深い意味のある時計です。誕生から60年経った今でも、スピードマスターが持つパワーとカリスマ性は衰えることを知りません。今回このような盛大なイベントを開催でき、そしてスピードマスターの大ファンである皆さんと時間を共にできることをとても誇りに思います」 スピードマスターは、長く様々な歴史を歩んできました。これまで、宇宙飛行士、空軍パイロット、探検家、アスリート、俳優などに愛用されており、また世界中のスピードマスターファン コミュニティはどんどん大きくなっています。一番有名なエピソードは、1969年アポロ11号計画の人類初の月面着陸です。ニール・アームストロングとバズ・オルドリンが月面に着陸したその瞬間、スピードマスターは月面でつけられた世界初の時計となったのです。 月面着陸から48年後、バズはイベントに宇宙服姿で颯爽と登場しました。鳴り止まない拍手の中、宇宙での体験について語ってくれました。「恐怖心はありませんでした。それよりも人類の代表として、必要とされる技術と知識を身に付け、非常に意義深い任務に望めることを誇りに思っていました。自分の為だけの仕事ではないと感じていました」 俳優のジョージ・クルーニーはスピードマスターの熱心なファンであり、子どもの頃から宇宙飛行士のファンでもあります。歴代のアポロ計画は彼にとって今でも大切な思い出です。「スピードマスターの思い出は沢山あります。月面着陸に携行された時計ということで、叔父、そして父親、皆スピードマスターを所有していました。人類初の月面着陸は誰にとっても忘れられない出来事でした。私は卒業祝いとして父からスピードマスターをもらいました。スピードマスターの魅力は数えればきりがありませんが、私はやっぱりこの時計の歴史に惹かれます」「我々全員にとってとても重要な出来事でした。あなたが成し遂げた事は我々全員にとって意味のある事です。あなたの勇気、リーダーシップ、そして全ての行動に対して、感謝してもしきれません」とジョージは、バズへ特別な賛辞を述べました。 スピードマスターが、宇宙飛行士が頼るべき宇宙での欠かせないツールとなって、すでに50年以上になります。1965年にはNASAのテストを経て、全ての有人宇宙計画における公式時計となりました。この一連の流れを指揮していたのが、NASAの元エンジニアであるジェームズ・ラガンです。彼はNASAにおけるスピードマスターの評判について語りました。「1965年に我々がテストした全ての時計の中で、その他の時計は第1テストで既に落第になった中、唯一スピードマスターだけが全てのテストに合格しました。このため、スピードマスターに対するNASA内での評判は高かったのです。今でも宇宙で使われているという事実がスピードマスターの実力を何より示していると思います」 このイベントを記念して10人の宇宙飛行士がロンドン市内に放たれ、セント・ポール大聖堂などロンドンの象徴的な場所で撮影を行うインスタレーションも実施されました。

オメガ(OMEGA) シドニーでレディスウォッチメイキングのエキシビション開催。 オープニングにシンディ・クロフォードが登場

OMEGA | オメガ シドニーでレディスウォッチメイキングのエキシビション開催。 オープニングにシンディ・クロフォードが登場  2017年2月10日、オメガのレディスウォッチメイキングの歴史をたどる “HER TIME” エキシビションが、シドニーのオメガ マーチン プレイス ブティックでスタートし、オープニングにはブランド アンバサダーをつとめるモデルのシンディ・クロフォードが登場しました。 シンディ・クロフォードはヴェルサーチのドレスに身を包み、パールとダイヤモンドで華やかに彩られたオメガ レディマティックを着用してこの特別な催しに参加しました。 スイス・オメガ社 社長 兼CEOのレイナルド・アッシェリマンは、「シンディは、最も長くオメガのブランド アンバサダーをつとめています。その歴史は20年に及び、2007年にはオーストラリア初のオメガ ブティックのオープニングにも駆けつけてくれました。ですので、今回のエキシビションのオープニングを飾るのに彼女よりふさわしい人はいないと思います」と語りました。 このコメントを受けてシンディ・クロフォードは、「オメガの皆さん達と一緒にシドニーに戻ってくることができて本当に幸せです。長年に渡って女性に対して多大な敬意を払っているオメガを代表出来ることを大変光栄に思います。」と述べました。 ブラックタイに正装した100人の招待ゲストは、“HER TIME” エキシビションを観覧した後、ダーリンポイントの豪華なプライベート レジデンスでの晩餐会を楽しみました。“HER TIME” エキシビションについて “HER TIME” エキシビションは、オメガのレディスウォッチメイキングの歴史をたどるエキシビションです。眩いばかりのオメガのコレクションと、時代を感じさせない歴代の広告が展示され、オメガがレディスウォッチメイキングに長年携わってきたことを紹介しています。 過去100年以上に渡って製造し続けられてきた数々のコレクションは、見た目が美しいだけでなく、比類のない性能も併せ持っています。オメガはこの素晴らしい歴史にスポットライトをあて、シドニーにあるオメガ マーチン プレイス ブティックで “HER TIME” エキシビションを開催しています。 初期に製造されたレピン ペンダント ウォッチから、1946年のオメガ ジュエリーウォッチ、1956年のオメガ トパーズ ジュエリー “シークレット ウォッチ”、そして今現在最も人気のあるコレクションまで、美しく輝くオメガ レディスウォッチの数々が展示されています。 オメガのレディスウォッチメイキングは、オメガの歴史初期からみてとれます。1894年から1935年の間、オメガが製作したムーブメントのうちの35%以上がレディスウォッチ用でした。レディスウォッチ分野への積極的な参入は時計製造だけに留まらず、数多くのヴィンテージ アートワークや、広告へもあらわれています。これら全てにおいて、オメガは真の女性らしさを表してきました。 オメガの “HER TIME” エキシビションは、目を見張るような美しさや技術革新を目の当たりにするだけでなく、他の時計ブランドとは異なる、オメガのレディスウォッチメイキングに対する思いを知ることになるでしょう。エキシビションは2017年3月24日まで開催されます。

オメガ(OMEGA) 国際オリンピック委員会(IOC)とのパートナーシップを2032年まで延長

OMEGA | オメガ 国際オリンピック委員会(IOC)とのパートナーシップを2032年まで延長  2032年の第35回オリンピック大会で、1932年のロサンゼルス大会から始まったオメガとオリンピックとのパートナーシップは100年を迎えます。その間、オメガは27回もの大会でオフィシャルタイムキーパーを務め、スターティングピストルや競泳用タッチパッド、リオデジャネイロ大会においてオリンピックで初めて使用された、1秒間に10,000フレームのデジタル画像を撮影できる写真判定カメラ「スキャン O ビジョン ミリア」など、世界最先端の計時装置を開発、導入してきました。 今回の発表は、スイス・ローザンヌにあるオリンピック ミュージアムにおいて、スウォッチ グループCEOのニック・ハイエック、オメガ社 社長 兼 CEOのレイナルド・アッシェリマン、 およびIOC会長のトーマス・バッハ氏によって行われました。オメガは、オリンピック ムーブメントへの貢献を2032年まで継続する最初のワールドワイド オリンピックパートナーとなります。 スウォッチ グループCEOのニック・ハイエック は、「オリンピックは世界で最も心を揺さぶられるイベントのひとつであり、オリンピックのメダルはスポーツに関わる者にとって究極の夢です。スポーツを通じた結束というオリンピックのメッセージは、世界中の人々の心を引きつけてやみません。人々はさまざまなメディアを通して競技を観戦し、お気に入りのアスリートを応援します。1932年以来、オメガは光栄にもこうした感動の一翼を、メダルの色を分けるコンマ1秒、たった数ミリを計測することで担ってきました。この伝統を、オメガがオリンピックとパートナーシップを結んで100年となる2032年まで継続することを喜ばしく、また誇りに思います」と述べました。 IOC会長のトーマス・バッハは、オメガとIOCのパートナーシップの延長を熱く歓迎しました。「オメガはスポーツの計時における世界的なリーダーであり、2032年まで契約が延長されたことで、信頼性の高いオメガの専門技術をオリンピックのアスリートたちに引き続き提供できるようになります。2032年はオメガの計時機器が初めて使用されてから100年となる重要な節目の年です」。 IOCの竹田恆和マーケティング委員長は、「オメガが2032年までの契約を結ぶ最初のワールドワイド オリンピックパートナーとなったことを大変うれしく思います。また、オメガとIOCの長期にわたる関係において、オメガがパートナーシップを12年という単位で延長することも初めてであり、オリンピックおよびIOCのコマーシャルプログラムが好調であることを明確に示しています」と語りました。 今回の契約により、オメガはオリンピックの成功に欠かせない最先端の計時、採点、および会場における結果表示のためのシステムと装置を引き続き提供することになります。

オメガ(OMEGA) 第89回アカデミー賞 ニコール・キッドマン、オメガのヴィンテージウォッチを着用

OMEGA | オメガ 第89回アカデミー賞 ニコール・キッドマン、オメガのヴィンテージウォッチを着用 オメガのアンバサダーでアカデミー賞受賞俳優のニコール・キッドマンが、2017年2月27日(日)に行われた、第89回アカデミー賞にオメガの1955年製ヴィンテージウォッチをつけて登場しました。 このタイムピースのデザインは、オメガの伝統的な “シークレットジュエリーウォッチ” のひとつです。気品のあるダイヤモンドブレスレットに、高精度な時計をひっそりと組み込んだジュエリーウォッチは、女性の美しさと知性、ラグジュアリーとエレガンスが融合したタイムピースで、数多くのアワードで美しくニコールの手もとを飾ります。ニコール・キッドマン着用モデルシークレットジュエリウォチRef.:14.618.478ケース素材:18K ゴールドストラップ:18K ゴールド製ブレスレット1955年製

オメガ(OMEGA) オリンピック リオデジャネイロ大会 オメガ公式計時ハイライト

OMEGA | オメガ オリンピック リオデジャネイロ大会 オメガ公式計時ハイライト  この2週間強、オリンピック リオデジャネイロ大会で行われた競技、そして生まれた記録の数々に世界は魅了されました。これまでの大会と同様、記憶に残るシーンがいくつも生まれました。継続してオリンピックの公式計時を務めているオメガにとっては、今回のリオデジャネイロ大会も、世界記録や、接戦を計り続けた大会でした。記録の更新 合計28の世界記録が今回のオリンピック リオデジャネイロ大会で更新されました。競技の内訳は、アーチェリー(1)、陸上競技(4)、自転車トラック(7)、競泳(8)そしてウエイトリフティング(8)です。 また、合計65のオリンピック記録が今大会で更新されました。競技の内訳は、陸上競技(6)、カヌースプリント(2)、自転車トラック(10)、近代五種(7)、ボート(1)、射撃(20)、競泳(14)そしてウエイトリフティング(5)です。ハイライトシーン<3人同着 競泳>競泳男子100mバタフライ決勝で、オリンピックの歴史上初めて、オメガは3人同着の記録を計時しました。マイケル・フェルプス、チャド・レクロー、そしてラースロー・シェーの3人が51.14秒の同タイムでゴールし、表彰台の銀メダルの位置に一緒に並びました。このレースに勝利したのは、シンガポールのジョセフ・スクーリングでした。銀メダルの3選手は、ゴール時、プールサイドの側面に設置してあるオメガの“タッチパッド”に全く同時に触れたことで、この前代未聞の出来事が起こったのです。競技の後しばらくして、その時の事をチャド・レクローはオメガに「本当に信じられませんでした。記録が表示されたその瞬間、その事の重大さに気付いていませんでした。でも、メダル授与式は競泳の歴史に残るものになったと思います。フェルプスもシェーもまるで世界記録でも更新したかのように喜んでいましたよ。とてもクールな瞬間でしたね」と語りました。<ダイビングゴール 陸上>時として、勝つ為にはゴールラインに身を投げ出さなければなりません。それを文字通り行ったのが、陸上女子400m決勝で勝利したバハマ代表のシャウナ・ミラーです。ゴール前、強豪アリソン・フェリックスにリードを許した状況で、ミラーはゴールラインに本能的にダイブをしたのです。オメガの写真判定カメラ「スキャン・オー・ビジョン・ミリア」によって、ミラーの胴が、最初にゴールラインを通過している事が証明されたのです。彼女のタイムは49.44秒で、2位との差はわずか0.07秒でした。オリンピックに出場しているアスリート達にとっては、ミリ・メートルの差といえども、時としてそれが、記録達成に繋がることも、敗北の原因になることもありえます。<写真判定 ボート>オメガが担う計時による写真判定の重要性が見事に証明された出来事がボートの男子シングルスカル決勝で起こりました。ニュージーランド代表のマヘ・ドライスデールと、クロアチア代表のダミル・マルティンのタイムは両者とも、6:41:34でした。ドライスデール、マルティンの当事者達を含め、会場の観客全てが、写真判定の結果発表に固唾を呑みました。そして、ゴール時の写真が公開され、驚く程の僅差ですが、ドライスデールの勝利が証明されたのです。<4/1000秒差 自転車>指の爪先の長さは、1000秒分の1の時間に匹敵するというのはよく言われることです。その言葉通りの結果になったのが、自転車トラック競技の女子スプリント決勝です。ドイツ代表のクリスティーナ・フォーゲルが、英国代表のレベッカ・ジェームズを4/1000秒の僅差で下したのです。このレースの1位と2位の結果を分けたのは、またしてもオメガの写真判定カメラでした。フォーゲルは最後、サドルを失いながらも、2位のジェームズに0.004秒差をつけて11.312秒でゴールしました。<ジャマイカ 陸上>世間の注目度が最も高い競技は当然のように、私たちを楽しませてくれました。陸上100m決勝です。男子決勝では、笑みを浮かべるウサイン・ボルトが、9.81秒で勝利し、女子決勝では、ボルトと同じジャマイカ代表であるエレイン・トンプソンが10.71秒で勝利しました。また、ウサイン・ボルトは、陸上男子200m決勝でもタイム19.78秒で勝利し、観客を歓喜させました。

オメガ(OMEGA) 北京・オメガのレディスウォッチイベントにニコール・キッドマンが登場

OMEGA | オメガ 北京・オメガのレディスウォッチイベントにニコール・キッドマンが登場  2016年9月28日、オメガが北京にてレディスウォッチメイキングの歴史を祝い、スペシャルゲストとしてニコール・キッドマンが登場しました。 過去100年以上に渡り、オメガはレディスウォッチメイキングに深く関わってきました。オメガのレディスモデルは外見の美しさはもちろん、内部の美しさもその特徴となっています。オメガが追求し続ける、エレガントなデザインと完璧な精度の両立が、今回北京で1日を通じて行われた特別なレディスウォッチイベントのテーマです。 日中、ニコール・キッドマンは、オリエンタルプラザにあるオメガブティックを訪問しました。このブティックは中国におけるオメガのフラッグシップ店で、アジア最大の広さを誇り、また世界最大級のブティックでもあります。このブティックでニコールを迎えた、スイス・オメガ社 社長 兼 CEO のレイナルド・アッシェリマンは、ニコールに新作レディスモデルのコレクションを紹介しました。その中の1つは、マスター クロノメーター認定を受けた初のレディスモデルである、新作のコンステレーション スモールセコンド マスター クロノメーターです。この繊細なコンステレーションの魅力は光沢のあるホワイトマザーオブパールのダイアル、そして9時位置に置かれた“スモールセコンド”、インデックスにセットされた4つのダイヤモンドです。 2005年からオメガのブランドアンバサダーをつとめているニコール・キッドマンは、オメガとの関係について「オメガに関わる事が出来て本当に素晴らしい気持ちです。この関係について私が誇らしく思うのは、私自身、オメガの熱狂的なファンであるからです。」と述べました。 その夜、ニコールは北京の中心地で開催されたオメガのレディスウォッチメイキングの歴史を祝福する特別イベントに出席しました。彼女は、華麗なスキャパレッリのドレスと、L.K.ベネットの靴に身を包み、イベント会場に姿を現しました。ニコールが選んだ時計は、光沢のあるホワイトマザーオブパールのダイアルが印象的な18K レッドゴールドモデルの新作コンステレーション スモールセコンド マスター クロノメーターでした。 アカデミー賞受賞女優である彼女は、北京を再び訪れたことについて「これまで20回以上訪れていると思います。中国での滞在はいつも快適でくつろげますね」とゲストに語りました。 スイス・オメガ社 社長 兼 CEOのレイナルド・アッシェリマンは、今回のこの特別なイベントのために世界中から集まったゲストを歓迎しました。彼は、オメガが持つレディスウォッチメイキングにおける長く、豊かな歴史は同社の誇りであると述べ「ここに展示されている全ての時計は、昔のものも今のものも同じDNAを共有しています。つまり、どれも、最高の時計になるべくして作られているのです。」と語りました。 ゲストはアンティークから新作まで、オメガのレディスウォッチコレクションの観賞を楽しみました。新作であるシーマスター アクアテラは、目を引く美しさのタヒチ産マザーオブパール、ホワイトマザーオブパールで注目を集めました。また、ニコール・キッドマンが、レッドカーペットに登場する時にしばしば着用することでも知られる、レディマティックもゲストの関心を一身に集めていました。このモデルは、オメガの時計の中でもアイコニックな存在として知られています。 この日を通じて開催された、オメガレディスウォッチを祝うイベントは、夜の紫禁城を背景としたテラスでのカクテルタイムをもって幕を閉じました。ニコール・キッドマン着用モデルコンステレーション スモールセコンド マスター クロノメーターRef.:127.55.27.20.55.001ケース径:27mmケース厚:12.25mmケース素材:18K セドナゴールド防水性:100mムーブメント:自動巻、cal.8705、毎時25,200振動、50時間パワーリザーブ、28石仕様:6時位置にカレンダー、9時位置にスモールセコンド、15,000ガウスの耐磁性能、シースルーケースバック、サファイアクリスタルガラス風防(両面無反射コーティング)価格:2,740,000円(税抜)

オメガ(OMEGA) スタームス フェスティバルとパートナーシップ締結

OMEGA | オメガ スタームス フェスティバルとパートナーシップ締結  2017年5月19日、ロンドンの王立協会で開催された記者会見で、スタームス フェスティバルがスイスの時計ブランド、オメガと新たなパートナーシップを結ぶことを発表しました。 スタームス フェスティバルは、科学、アート、そして音楽が融合した祭典で、科学を楽しみ、普及させることを目的としています。2011年からは、宇宙飛行士や、ノーベル賞受賞者、さらに科学・文化・アート・音楽の分野において功績がある著名人によるパフォーマンス、プレゼンテーションも行われています。 オメガの歴史は、数多くの科学的快挙を成し遂げてきたパイオニアの歴史でもあり、宇宙空間と海洋の研究での貢献、そして耐磁と精度において革命的な開発を果たしたことなどが挙げられます。 スイス・オメガ社 社長 兼 CEOのレイナルド・アッシェリマンは、今回のパートナーシップについて、「時計製造において、革新的なアイデアや複雑なテクノロジーを活用するのは簡単なことではなく、これは科学の世界でも同じことだと思います。このような考えから、我々はスタームス フェスティバルの重要性に注目しました。スタームス フェスティバルは、科学を一般に普及させ、我々が科学により親しみをもてるようになることを主旨としています。オメガの歴史を語る上で、科学は非常に大切な要素であり、だからこそ科学分野への関わりを持ち続けたいと思っています。」と述べました。 今回のパートナーシップの一環として、オメガは科学コミュニケーション賞におけるスティーブン ホーキング メダルをサポートします。このメダルは著書、映像、音楽&アートという3つの表現方法において科学に貢献した人に授与されるものです。 6月20日に決定する、2017年のスタームス フェスティバルにおける3名の受賞者には、最新の18K イエローゴールド製スピードマスターが贈呈される予定です。ケースバックには、実際のメダルをモチーフにしたデザインが刻まれています。宇宙飛行士アレクセイ・レオーノフが人類初の宇宙遊泳を行った姿、そしてロックバンド、クイーンのギタリストであるブライアン・メイのギター “レッド スペシャル” が刻まれています。 ホーキング博士も記者会見に出席し、オメガのサポートについて「オメガが私たちと手を組み、このような素晴らしい時計を受賞者に贈呈してくれることをとてもうれしく思っています。オメガのこの新たな取り組みとスポンサーシップに感謝しています。」と述べました。 ホーキング博士の他、スタームスの設立者であるガリク・イスラエリアン教授、スイス人初の宇宙飛行士でありオメガとも親交が深いクロード・ニコリエール教授、そして、ノルウェーの著名な心理学者、神経科学者エドバルド・モーセル教授といった人々も会見に参加しました。 スタームスの設立者であるガリク・イスラエリアン教授は、「私たちが第一に目指しているのは、ひらめきを与えること。これがすべての出発点です。このパートナーシップを発表し、私たちの目標に対してオメガがサポートしてくれることをとても誇りに思っています。」と述べました。 ニコリエール教授は、オメガの時計製造における科学的側面について明らかにするとともに、「私はホーキング博士の業績に対し、多大なる賞賛の念を抱いています。私とオメガの繋がりは卓越性という価値です。第4回スタームス、そして最高レベルの科学、アート、音楽が作り出していく次なる章にオメガが関わってくれることを楽しみにしています。」と話しました。 メダル受賞者が誰になるのか、オメガは発表の瞬間を心待ちにしています。2017年のスタームス フェスティバルは、ノルウェーのトロンハイムにおいて、6月18日~23日に開催されます。受賞者へ授与されるモデル スティーブン ホーキング メダルの3名の受賞者へはそれぞれ、18K イエローゴールド製の「スピードマスター プロフェッショナル」が贈呈されます。 42mmのケースと、ベゼル、針、インデックスは18K イエローゴールド、ダイアルはブラックです。ケースバックには、“WINNER OF THE STEPHEN HAWKING MEDAL FOR SCIENCE COMMUNICATION” (科学コミュニケーション賞におけるスティーブン ホーキング メダル受賞者)と記されている他、実際のメダルを模したデザインがレーザーエングレービングされています。メダルのデザインは、スタームスのロゴ、宇宙飛行士アレクセイ・レオーノフが人類初の宇宙遊泳を行った姿、ロックバンド、クイーンのギタリストであるブライアン・メイのギター、“レッド スペシャル” です。ストラップはブラックレザー、ムーブメントはキャリバー 1861で、これはNASAの宇宙飛行士が月面で着用した時計の手巻きムーブメントと実質的に同じものです。