オメガ(OMEGA) OMEGA Seamaster Planet Ocean “GOOD PLANET” 発表会

OMEGA | オメガ OMEGA Seamaster Planet Ocean “GOOD PLANET” 発表会   2013年7月12日(金)、オメガの新商品「シーマスター プラネットオーシャン“グッドプラネット”」の発表会が東京・湾岸エリアのTABLOIDで開催されました。このモデルはオメガの人気シリーズ、シーマスター プラネットオーシャンのGMT搭載モデルで、同時に地球環境保全を目的に設立された“グッドプラネット基金”とのパートナーシップモデルでもあります。グッドプラネット基金の重要性と真摯な取り組みを讃え、文字通り身に着けるトリビュートとなっています。 イベント会場では、このグッドプラネット基金の創立者、ヤン・アルテュス=ベルトラン監督による映画「プラネットオーシャン」が上映され、またベルトラン監督による「プラネットオーシャン」写真ブースも 設けられ、ゲストを魅了しました。  スウォッチ グループ ジャパン株式会社 代表取締役兼オメガ事業本部長のクリストフ・サビオは、会場のゲストに向けたあいさつの中で、初のダイバーズウォッチの発表などオメガと海との深い関わりにふれ、ベルトラン氏を同映画の監督に任命したのは自然な流れであったことを紹介しました。また、この映画では映像美はもちろんのこと、写真家の石川直樹氏による日本語のナレーションが素晴らしく、非常にうれしく思っていると語りました。最後に、この映画で描き出されているように、地球の美しさとその地球に対して我々人間が脅威となってしまっていることを改めて見つめてほしいと述べ、グッドプラネット基金はすべての人がこのような認識を深めてもらう活動に使われる旨を改めて強調しました。そして、ゲスト全員にギフトとしてこの映画のDVDを用意しているので、必ずゲストの各個人がこの映画をじっくり鑑賞し映像を楽しむと同時に、映画で提示されている問題を改めて考えていただければ、と語りました。  特設ステージでは、この「プラネットオーシャン」の日本語ナレーターを務めた写真家の石川直樹さん、そして理論天文学者の小久保英一郎さんのトークショーも行われました。両氏とも自然と向き合うという仕事の性質上、自然の美しさはもちろんのこと、人間の営みと自然との深いつながりについて、ユニークな逸話や持論を展開し、興味深いトークショーとなりました。  また、会場を盛り上げる二胡とDJの生演奏、環境への影響が最小限とされる、「食べてもよい魚」を使用したフードや、ブルースパークリングワインがふるまわれる中、約180名のゲストが出席しました。オメガ シーマスター プラネットオーシャンGOODPLANET の広告ビジュアルの撮影されたのがベリーズであることから、駐日ベリーズ大使館よりベリーズ外務大臣首席補佐官 稲葉安勇氏も出席されました。オメガとグッドプラネット基金  オメガとグッドプラネット基金との関係は2011年からスタートしました。このモデルの売り上げの一部は、東南アジアのマングローブや海草の保護を目的とするプロジェクトに寄付され、さらに現地住民への環境教育に充てられます。グッドプラネット基金の創立者が、環境保護活動家であり、世界的に著名な映画監督・空撮フォトグラファーであるヤン・アルテュス=ベルトラン氏です。オメガがベルトラン監督をサポートし、映画「プラネットオーシャン」が製作され、昨年6月、リオ・デ・ジャネイロにて、世界中のジャーナリストを招待しプレミアが行われました。ベルトラン監督はこの映画で「海の美しさや多様性、海の大切さ、現在の海が直面している脅威、我々が提唱できる解決策を示したかった」と述べています。OMEGA Seamaster Planet Ocean “GOOD PLANET”(シーマスター プラネットオーシャン“グッドプラネット”)ケース径:43.50mmケース厚:17.25mmケース素材:ステンレス防水性:600m防水ムーブメント:自動巻コーアクシャルクロノメーター、Cal. 8605、60時間パワーリザーブ、GMT機能ストラップ:ブレスレットまたはラバー仕様:4年保証、天然竹製特製ボックス入り、収益の一部をグッドプラネット基金に資金として提供価格:SSブレス・787,500円(税込)、ラバーストラップ・724,500円(税込)